ボルカホン

ダンボールで作られたカホンのこと。
カホンとは、跨って演奏する、木製で箱型の楽器。

ボルカホンは、住宅街に隣接した幼稚園や保育園で、園児たちが演奏しても騒音問題とならないよう、大きな音の出ない打楽器として開発された。
子供用はチェアタイプ(写真左)とハンディタイプ(写真右)があり、ボディを叩くとロー(低音)、楕円形のプレートを叩くとハイ(高音)の音が出る。
チェアタイプには小(3~5歳用)、大(4~6歳用)の2サイズがラインナップされている。

http://cheeky.tokyo/wiki/my_img/borukahon_child.jpg

園児と一緒に幼稚園の先生達が演奏するために、大人用のボルカホンが必要となり、大人サイズで作られたボルカホンは「ボルカホンカラーズ」と呼称され、通常のカホンと同サイズ。
素材がダンボールであることからデザインの変更がたやすく、256色のラインナップがある。パッケージのオーダーメイドも可能。
本家のカホンにも負けないような音色を出すために、カホン同様に中にスナッピーと呼ばれるスネアドラムにも使用されている響き線がついている。

http://cheeky.tokyo/wiki/my_img/borukahon_colors.jpg

Cheekyは結成当初、市販の「ボルカホンカラーズ」で演奏していたが、鶴田 まこの希望により、女性でも叩いやすいようにオリジナルサイズより一回り小さいサイズを使用している。

http://cheeky.tokyo/wiki/my_img/borukahon_size.jpg

リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-22 (日) 19:21:19 (1091d)